【化粧品】ゆらぎ肌に効果的なスキンケアとは?原因と対策や診断方法も紹介

肌トラブルのひとつに「ゆらぎ肌」というものがあります。ゆらぎ肌とは、季節の変わり目や体調の変化で肌が不安定になることを指します。

とはいえ、肌トラブルはどんな人にも起こるため、自分がゆらぎ肌であるという自覚を持っている方は少ないと思います。

そこで今回の記事では、ゆらぎ肌の特徴や原因、さらにはおすすめのケア方法をご紹介します自分の症状がゆらぎ肌かどうか、ぜひチェックしてみてください。

 

ゆらぎ肌とは

ゆらぎ肌とは、季節の変わり目やストレス、体調の変化などのせいで、一時的に肌の調子が悪くなってしまうことを指します。

主な症状としては、ニキビや吹き出物、かゆみ、普段の化粧水がしみるなどを挙げることができます。こうした症状は乾燥肌や敏感肌の人にも表れることが多いです。

しかし、乾燥肌や敏感肌が慢性的なのに対し、ゆらぎ肌の症状は一時的なものという違いがあります

 

ゆらぎ肌の症状

続いて、ゆらぎ肌の具体的な症状について見ていきましょう。

 

肌の乾燥

肌の乾燥は、肌タイプの一種と思われている方も多いですが、乾燥もゆらぎ肌の症状のひとつです。

特に、季節の変わり目に見られる空気の乾燥や気温の寒暖差は、肌の角質層の保湿力を低下させ、肌の乾燥を引き起こします

季節の変わり目に肌が乾燥するという方はゆらぎ肌の症状かもしれません。

 

いつもの化粧水で赤みやかゆみを感じる

普段使っている化粧水や美容液に、かゆみやひりつきを感じるのもゆらぎ肌の特徴です。

また、スキンケア商品だけでなく、ファンデーションなどのコスメアイテムにも違和感が出ることがあります

いつもは問題なく使えるスキンケアアイテムにこのような症状が表れた時は、「ゆらぎ肌」を疑いましょう。

 

ニキビができやすくなる

ゆらぎ肌の人は、気温の変化や疲れなどの影響でニキビができやすくなります。

環境の変化やストレス、寝不足などは、思っている以上に体への負担となります

ストレスなどが原因で自律神経やホルモンバランスが乱れると皮脂の過剰分泌につながり、結果ニキビや肌荒れを引き起こしてしまうのです。

 

ゆらぎ肌になる原因

季節の変わり目など、たびたび起こるゆらぎ肌の症状に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

一体、ゆらぎ肌を引き起こす原因は何なのでしょうか。ゆらぎ肌を引き起こす主な原因について解説していきます。

 

乾燥や紫外線、花粉などの影響によるもの

秋冬の空気の乾燥、春先の花粉や紫外線の増加には注意が必要です。こうした環境の変化は、肌を乾燥させ外部刺激への抵抗力を弱めます

さまざまな影響を受けやすい季節の変わり目は、肌が非常にデリケートな状態です。

そのため、誰もがゆらぎ肌の症状が出やすくなる時期といえるでしょう。

 

寒暖差によるもの

気候の変化や急激な寒暖差もゆらぎ肌の原因となります。

特に寒暖差の起こりやすい時期は、体調だけでなく肌の調子も崩れやすくなりがちです。

また、空調による寒暖差がゆらぎ肌を引き起こすこともあります。

 

環境や生活リズムの変化によるもの

新年度の始まりや転職などにより生活環境が変わると、ストレスや自律神経の影響を受けやすくなります。

生活の変化は、思っている以上に心身に負担をかけるものですゆえに、環境の変化や生活リズムが変わることが肌のゆらぎの原因となってしまうこともあります。

 

女性ホルモンの乱れによるもの

女性の場合、生理前後だけ肌が荒れるという経験のある人も多いでしょう。それは、生理前に増加する女性ホルモン「プロゲステロン」が皮脂腺を活発にし、毛穴に皮脂が溜まりやすい状態を作るためです

こうした女性ホルモンの乱れによってもゆらぎ肌が起こることもあります。

女性ホルモンの乱れは生理前だけでなく、ストレスや極度の疲労によっても引き起こされるため注意が必要です。

 

栄養バランスの乱れ

食生活の乱れがゆらぎ肌を引き起こすこともあります。

健康な肌を作り出すのはバランスの良い食生活です。

インスタント食品や糖質・脂質中心の食事、あるいは極端なダイエットなど、栄養バランスを無視した食生活は、肌のゆらぎを引き起こす要因になります。

健康な肌を保つためには、良質なタンパク質やビタミン類、ミネラルなどをバランス良く摂取することが大切です。

 

【ゆらぎ肌診断】あなたもチェックしてみよう!

ゆらぎ肌と一口に言っても、さまざまなタイプが存在します。自分がどのタイプのゆらぎ肌かを知ることで、自分に合った対策を見つけることが可能です

以下のチェックシートで自分のゆらぎ肌タイプをぜひ診断してみてください。チェックが多かったものが、あなたのゆらぎ肌タイプです。

同数のものがある人は、両方の特徴を備えた混合タイプと考えて良いでしょう。その場合には両方の肌対策を取り入れることをおすすめします。

 

【乾燥ゆらぎ肌】

  • 肌のごわつきを感じることが多い
  • 洗顔後は肌のつっぱりを感じる
  • 熱めのお湯で洗顔しがち
  • エアコンの効いた室内で過ごすことが多い
  • 肉・魚などのタンパク質はあまり摂らない

 

※乾燥ゆらぎ肌へのアドバイス

かゆみやごわつき、粉がふいたような肌状態に陥りがちな乾燥ゆらぎ肌。保湿不足やタンパク質不足の人に起こりやすい傾向があります。

洗顔やクレンジングは皮脂をとりすぎないマイルドなものに、スキンケアも乳液やクリームを使ってしっかり保湿しましょう。

しっかりスキンケアの成分を浸透させたいなら、アルコールフリーの導入化粧液を使うのもおすすめです。

また、食生活においては肉や青魚、大豆などのタンパク質をしっかりとることが大切です。

 

【トラブルゆらぎ肌】

  • 甘いものや油っぽいものが好き
  • 紫外線を浴びる機会が多い
  • 便秘になりがち
  • 生活が不規則で睡眠不足になりがち
  • 生理前に肌トラブルが起こることが多い

 

※トラブルゆらぎ肌へのアドバイス

トラブルゆらぎ肌は皮脂で毛穴がつまりがちな人に多いです。

不規則な生活や糖質・脂質中心の食事は皮脂の分泌を過剰にし、肌の新陳代謝を低下させます。

季節の変わり目などに白ニキビや赤ニキビ、吹き出物などの肌トラブルが多いなら、まずは生活習慣を見直すと良いでしょう。

スキンケアは角質ケアできる導入化粧水などがおすすめです。

 

【敏感ゆらぎ肌】

  • 普段の基礎化粧品がしみることがある
  • 新しいスキンケアアイテムが合わないことがある
  • 季節の変わり目などは、肌がかゆくなる
  • 紫外線対策はあまりしない
  • 食事は外食やコンビニ弁当が多め

 

※敏感ゆらぎ肌へのアドバイス

環境の変化で赤みやかゆみが出やすい敏感ゆらぎ肌は、肌のバリア機能が低下した状態です。

乾燥や肌への刺激がそうした状態を引き起こしているので、無添加の薬用化粧水や薬用ローションなど、できるだけ優しいスキンケアを心掛けるようにしましょう。

肌のバリア機能を回復させるために、低刺激かつ保湿効果の高いアイテムを取り入れることをおすすめします。

美白効果を求める場合も、敏感肌向けの薬用美白化粧水や美白美容液を選ぶと良いでしょう。

 

【対策】ゆらぎ肌に効果的な「レヴィーガモイスチュアセラム」

 

 

商品名 レヴィーガモイスチュアセラム
価格 通常価格:7,980円(税抜)
初回購入:特別価格でキャンペーン中
容量 40ml

季節や気温に影響を受けやすいゆらぎ肌には、普段から肌機能を高めるケアをしてあげることが大切です。

肌のバリア機能を高めることに着目した「レヴィ―ガモイスチュアセラム」は、すべてのゆらぎ肌タイプのケアに適しています

保湿成分であるセラミドや天然保湿因子(NMF)なども配合されているので、肌の水分量を保ちつつ潤いある健康的な素肌に導いてくれます

気になる界面活性剤や防腐剤、着色料や香料などの添加物を配合しない無添加処方なので、敏感になってしまった肌にも安心して使うことができますよ。

 

ゆらぎ肌に効果的なスキンケアアイテムでお肌悩みを改善しよう!

いかがでしたでしょうか。

ゆらぎ肌は敏感肌や乾燥肌と違って、季節や生活習慣の変化により一時的に現れる肌症状です。

季節や気温に影響を受けやすいゆらぎ肌には、普段からバリア機能を高めるケアをしてあげることが大切です。ストレスや生活習慣に気を配りつつ、自分の肌症状に合った基礎化粧品を選ぶと良いでしょう。

今回ご紹介したゆらぎ肌のタイプ診断を参考に、自分の肌に合ったスキンケアを始めてみてくださいね。

 

ページのトップへ
ページのトップへ