ターンオーバーの意味は?ターンオーバーが乱れる原因や整える方法を解説

シミやシワ、くすみなどの肌トラブルは、ターンオーバーの乱れが原因となり起こることがあります。

お肌が生まれ変わるサイクルを「ターンオーバー」といいますが、なぜターンオーバーの乱れは起きてしまうのでしょうか。

今回の記事では、美肌を保つ上で重要な役割を担うターンオーバーの役割やターンオーバーが乱れる原因、その対処法について詳しくご紹介します。

 

ターンオーバーとは

お肌は約28日周期で生まれ変わりを繰り返しています。

肌細胞は皮膚の奥深くにある「基底層」で誕生し、成長しながら次第に表面へと押し上げられて、14日ほどかけて表皮の角質層へと到達します。

さらに約14日が経過すると、肌細胞は角化し、自然と剥がれ落ちて、基底層から新たに押し上げられてきた新しい肌細胞と入れ替わります。

この28日間のサイクルを「ターンオーバー」といいます。

肌細胞の生まれ変わりが正常に行われていれば、お肌はいつも健康な状態でいられます。

紫外線を浴びるなどしてダメージを受けた肌細胞も、ターンオーバーによって剥がれ落ち、新しい細胞と入れ替わるため、いつも美しい素肌を保つことができるのです

 

ターンオーバーが乱れる原因

ターンオーバーが乱れると、お肌は健全な状態を保つことができなくなります

シミやシワ、くすみの原因になるだけでなく、肌のバリア機能の低下を招き、さまざまな肌トラブルを引き起こすきっかけとなるのです。

ターンオーバーの乱れが起きる原因は以下の通りです。

  • 加齢
  • 洗いすぎ
  • 適度なスキンケア
  • 紫外線
  • 睡眠不足
  • ホルモンバランスの乱れ
  • ストレス

それぞれ詳しくみていきましょう。

 

加齢

加齢は体のあらゆる機能の衰えを招きます。

年とともに新陳代謝は次第に落ちていきますが、ターンオーバーも同様で、そのペースはだんだん遅くなっていきます。

そのため、古くなった角質細胞はいつまでも剥がれ落ちず、ダメージを受けた古い肌が表皮に留まったままになってしまいます。

 

洗いすぎ

スキンケアの基本でもある洗顔ですが、洗い過ぎはターンオーバーの乱れの原因となることがあります。

お肌を清潔に保つことはとても大切です。

しかし、汚れを落とそうと洗浄力が強すぎる洗顔料を使えば、お肌のバリア機能まで奪ってしまいます

肌を守るために必要な皮脂が失われると、過剰分泌を行うなどの異常事態が生じます。そのため、正常なターンオーバーを維持することが難しくなってしまうのです。

 

過度のスキンケア

お肌を守るはずのスキンケアも、行き過ぎてしまうとターンオーバーの乱れを招くことがあります。

メイクを綺麗に落とそうと、合成界面活性剤やアルコールなどの成分が配合されたクレンジングを使ったり、角質除去効果を謳ったものを使ったりすると、洗顔同様、皮脂や若い角質を過剰に落としてしまい、お肌の新陳代謝に悪影響を与えます

また、古くなった角質層を薬剤で溶かして剥ぎ取るピーリングをやりすぎると、正常な角質まで落としてしまい、ターンオーバーを早める原因となります。サイクルが早まると、お肌は十分に成長できないままに表皮へと押し上げられてしまうため、敏感肌となってしまうのです。

 

紫外線

紫外線はお肌の大敵です。

紫外線を浴びると、そのダメージを回復しようとお肌はターンオーバーを早めようとします。

その結果、角質は厚くなり、メラニン色素が沈着したり、皮脂腺が塞がってニキビができやすくなったりと、さまざまな肌トラブルを引き起こす原因となるのです。

 

睡眠不足

睡眠不足もターンオーバーの乱れを招きます。

夜は成長ホルモンがもっとも活発に分泌されます。特に午後10時から午前2時までの間は「ゴールデンタイム」と呼ばれ、肌のターンオーバーが促進されるとても重要な時間帯です。

仕事や育児に忙しいと、このゴールデンタイムに睡眠をとるのは難しいかもしれませんが、なるべく早い時間帯に睡眠をとれるよう意識しましょう。

 

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れはターンオーバーの乱れを引き起こします。

ホルモンバランスが不安定になりやすい「月経時」に肌トラブルが起こりやすい、という方も多いのではないでしょうか。

これは“卵巣ホルモン”とも呼ばれる女性ホルモン「エストロゲン」の影響です。

エストロゲンはターンオーバーを促進するホルモンです。排卵前はホルモンバランスの乱れによって、エストロゲンの分泌が減少するため、ターンオーバーも不安定になるのです

偏った食生活やストレス、睡眠不足などもホルモンバランスの乱れの原因となります。

お肌の健康のためにも規則正しい生活習慣を心がけましょう

 

ストレス

前項でストレスがホルモンバランスを乱すとお話しましたが、ストレスは自律神経にも悪影響を与えます

人の身体はストレスを感じると、これに対抗しようとして抗ストレスホルモン「コレチゾール」を分泌します。

これは男性ホルモンの分泌を促す働きもあるため、皮脂の過剰分泌や角質層の肥大化を招き、結果としてターンオーバーの乱れを引き起こすのです。

 

 

ターンオーバーを整えるスキンケア方法

ターンオーバーを正常に保ち、健康な肌を維持するには以下の方法があります。

  • 皮膚に負担をかけない丁寧な洗顔
  • 十分な保湿ケア
  • 紫外線対策

ここではターンオーバーを整えるのに役立つスキンケア方法を詳しくご紹介します。

 

皮膚に負担をかけない丁寧な洗顔

まずはスキンケアの基本となる洗顔方法を見直しましょう。

洗い過ぎはかえってターンオーバーの乱れを招きます。ゴシゴシ洗いもお肌を傷つけ、必要な角質まで剥がしてしまいます。

洗顔のコツは「優しく洗い」「丁寧に流す」です。

まずは洗顔料をしっかり泡立て、肌を傷つけないよう泡で優しく洗います。泡を洗い落とす際には洗顔料が残らないよう、たっぷりの水で丁寧にすすぎましょう。

正しい方法で洗顔を行えば、古い角質を取り除き、乱れたターンオーバーも正常に導くことができます。

 

十分な保湿ケア

お肌は乾燥すると、角質が固くなり、ターンオーバーの遅れの原因となります。

普段使用しているスキンケアアイテムで保湿効果を実感できていない方は、保湿効果の高いスキンケアアイテムに切り替えることをおすすめします。

価格 通常購入:7,980円(税抜)
定期初回:キャンペーン特別価格
容量 40ml

 

 

私が特におすすめしたいアイテムは、独自製法の酸素ラメラに加えて、セラミドやNMF(天然保湿因子)を配合した「レヴィーガ モイスチュアセラムです。

界面活性剤フリーで肌にもやさしく、アレルギーテストもされているため敏感肌の人でも安心して使用することが可能です。

安心して使用できる化粧品をお探しの方は、ぜひ試してみてくださいね。

 

紫外線対策

肌が正常なターンオーバーを行えるように、紫外線対策はしっかり行いましょう。

紫外線の問題はシミやソバカスの原因となるだけではありません。

紫外線を浴びると体がダメージを早く修復しようとターンオーバーを早めてしまうのです。

外出時には日焼け止めを必ず塗って、有害な紫外線からお肌を守りましょう

 

ターンオーバーを正常化する生活習慣

ターンオーバーの乱れには生活習慣や食生活の影響も見逃せません

どんなに効果の高い美容成分を数多く配合した美容液を使ったところで、偏った生活習慣を続けていては、その効果を実感することは難しいでしょう。

乱れてしまったターンオーバーを正常に戻すためにも、日々の生活習慣を見直しましょう。

特に効果的なのは「食事」「運動」「睡眠」の3点です。

それぞれの気をつけるべきポイントをひとつずつ見てみましょう。

 

バランスの良い食事

「医食同源」という言葉もあるように、食事は健康な体を養うために欠かせないものです。

偏った食事は栄養不足を招き、お肌に必要な栄養素が作られなくなったり、バリア機能の衰えからダメージを受けやすくなったりしてしまいます。

お肌の健康のためにも「バランスの良い食事」が大切です。

健康なお肌に不可欠な「たんぱく質」や、肌細胞に栄養を与える「脂肪酸」「ビタミン」「ミネラル」などが含まれた食材を積極的に取り入れ、お肌に充分な栄養素が行き渡るよう心がけましょう。

また、酵素や食物繊維が不足しないよう、野菜や果物もしっかり食べましょう

 

運動習慣

運動不足は血行不良を招き、基礎代謝の低下を引き起こします。その結果、十分な栄養素を肌細胞まで届けることができなくなってしまいます。

せっかくバランスの良い食事をしても栄養がお肌に届かないのであれば、ターンオーバーの乱れを正常に戻すことはできません。

運動習慣を身に着けて、こまめに体を動かすよう心がけましょう

適度な運動はストレス解消にもなり、自律神経の乱れの改善にも役立ちます。

 

良質な睡眠

「美人は夜作られる」といわれるように、睡眠時間は身体の修復タイムであると同時に、成長ホルモンがもっとも活発に分泌される成長タイムでもあります。

特に午後10時から午前2時の「ゴールデンタイム」には眠っているのが望ましいです

現代社会の生活サイクルでは午後10時の就寝は難しいかもしれませんが、せめて日付が変わる頃には眠れるように努力してみましょう。

 

まとめ

お肌の生まれ変わりサイクル「ターンオーバー」が乱れると、肌トラブルが起こりやすくなります

良い化粧品を使うことも大切ですが、ターンオーバーの正常化には規則正しい生活習慣も欠かせません

トータルでライフスタイルを考えることは、化粧品の持つ可能性を最大限に引き出すことにもなります。

できることから少しずつ始めてみてくださいね。

ページのトップへ
ページのトップへ