【必見】敏感肌ってどんな肌?特徴や原因について皮膚科医が詳しく解説!

「なんとなく肌の調子が悪い…」「すぐに痒みや赤みが出る」など、医療機関に行くほどではないものの不安定な肌に悩んでいる人は多くいらっしゃいます。

もしかすると、それは「敏感肌」が原因かもしれません。

しかし、敏感肌専用のスキンケア化粧品など、言葉としてはよく目にするものの「一体敏感肌ってなに?」と思われている方も少なくないのではないでしょうか。

そこで、今回の記事では気になる敏感肌の特徴や原因、さらには敏感肌のためのスキンケア対策について詳しく解説していきます。

 

そもそも敏感肌って?

実は医学的見地からは「敏感肌」に関する明確な定義はありません。

一般的には、スキンケアやメイクの後などに肌がつっぱる、ひりつきがある、かゆみがあるなど、何らかの違和感のある肌のことを指します。

目に見える疾患がある場合や、一時的な肌トラブルに関しては敏感肌の範囲に含まないことが多いです。

敏感肌はわかりやすい疾患等がないものの、化粧品や花粉、あるいはエアコンや紫外線などの外部刺激に恒常的に弱くなっている肌状態と言えます。

 

敏感肌の特徴は?

具体的な敏感肌の特徴としては以下のようなものが挙げられます。

  • かゆみや赤みが出やすい
  • 化粧品を使った後、ひりつきを感じる
  • ちょっとした刺激ですぐかぶれる
  • ニキビができやすい
  • 乾燥が気になる

敏感肌は、健康な肌と比べて皮膚を守るためのバリア機能が低下しています

そのため、上記にあるような赤みやかゆみなどの症状が出やすいのです。健康な肌であればなんともないものでも、敏感肌には刺激となります。

いくら口コミで評判の良い化粧品でも敏感肌の人には合わない、ということがしばしば起こるのはこのためです。

 

敏感肌の原因とは?

なぜ私たちの皮膚は敏感肌になってしまうのか、その理由はさまざまです。

ここでは敏感肌を引き起こす原因について解説します。

 

乾燥

肌のもっとも外側を構成している部分を「角層」といいます。この角層の水分量が少ないことが、敏感肌の原因のひとつです。

角層は外部刺激から皮膚を守るバリア機能の働きをしている、非常に大切な部分です。

健康な肌の角層には多くのNMF(天然保湿因子)が存在しています。また細胞の間に存在する「細胞間脂質」がきちんと働いているため、肌に必要な水分や皮脂を保持し逃がさないようにしてくれます。

しかし、肌が乾燥することでNMFや細胞間脂質は減少してしまいます。これらの物質を失った肌はバリア機能が上手く働かず、外部刺激に敏感になってしまうのです。

 

体質

アレルギー体質アトピー性皮膚炎の場合も敏感肌になりやすい傾向があります。

というのも、アレルギー体質の方はアレルゲンに反応することで、かぶれやかゆみが起こりやすく、アトピー性皮膚炎の肌はセラミドが少なく乾燥しがちなため、バリア機能が弱く外部刺激に敏感になるためです。

上記理由から、両者とも体質的に敏感肌になりやすいのです。

 

間違ったスキンケア

1日に何度も洗顔を行っている、あるいは力を入れたタッピングをしているなどの間違ったスキンケア方法も敏感肌を招く原因です。

洗顔のし過ぎや過剰なスキンケアは、かえって肌の乾燥やトラブルを招きます

敏感肌を改善するためにも、スキンケアは正しく行うことが大切です。

 

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れは肌にも影響を及ぼします。

女性ホルモンである「エストロゲン」には肌の水分量を保ち、コラーゲンを増やす働きがあります。

生理や妊娠・出産などで女性ホルモンのバランスが変化すると、肌の調子が変わり敏感になってしまうことがあるのはこのためです。

ストレス寝不足などでもホルモンバランスは乱れてしまうので、注意が必要です。

 

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れも敏感肌の原因となります。

不規則な生活習慣や乱れた食生活が続くことで、肌のターンオーバー機能は乱れてしまいます。

ターンオーバーが上手く働かない肌は、新しい細胞が作られず、角質層のバリア機能にまで影響を及ぼします

結果として角層のバリア機能も弱まり敏感肌になってしまうのです。

 

加齢

歳を重ねた肌はコラーゲンなどが減少しハリや水分量が減少してしまいます。それにより若いころと比べ外部刺激に弱くなってしまうのです。

また、加齢により肌自体の機能も衰えていくため、どうしても敏感肌になりやすいのです。

 

 

敏感肌を改善するには?

かゆみや赤みに悩まされがちな敏感肌は何かと憂鬱なことも多くなります。

そこで、敏感肌を改善するための対策やケア方法をご紹介します。

 

肌に優しい基礎化粧品を選ぶ

刺激に弱くなっている敏感肌には優しい基礎化粧品を選びましょう。

エタノールやパラベン等の添加物は、敏感肌には刺激になる可能性が高いです。

こうした添加物がなるべく入っていない低刺激処方の商品やブランドのスキンケアアイテムを使うことをおすすめします。

 

保湿成分が入った基礎化粧品を使用する

敏感肌は乾燥し、肌の水分が失われた状態です。改善するためにはしっかり保湿する必要があります。

水分を保持する機能の高い「セラミド」「ヒアルロン酸」「トレハロース」などがたっぷり入った化粧水やクリームがおすすめです。

 

規則正しい生活を送る

敏感肌の改善のためには、生活習慣を改善することも大切です。

しっかり睡眠をとり、バランスの良い食生活を送ることで、肌のターンオーバー機能を整えることができます。

また、ストレス解消のためにも、適度な運動ゆっくり入浴するのもおすすめです。

 

肌への刺激を最小限にする

肌のバリア機能が低下している敏感肌は、外部刺激に非常に弱くなっています。

これ以上肌トラブルを引き起こさないためにも、肌に与える刺激は最小限に抑えましょう。

とくに身近なものである自身の髪の毛は、肌への刺激になりやすいです。ショートヘアにする、前髪がかからないような髪型にするなど、髪の毛が肌に当たらないよう工夫することをおすすめします。

また、肌荒れが気になるときはファンデーションを使わないなど、肌の調子を見ながらメイクを行うことも大切です。

 

紫外線対策を徹底する

敏感肌の方は徹底して紫外線を避けることをおすすめします。

紫外線は肌を乾燥させ、肌ダメージを蓄積させてしまいます。これ以上敏感肌を進行させたいためにも、日傘や帽子、日焼け止めを活用してしっかり紫外線対策を行ってください

使用する日焼け止めは、肌への負担とならないように「紫外線吸収剤」を使用していないタイプの製品を選びましょう。

 

肌に良い栄養素を摂取する

食生活に気を遣うことで、敏感肌の改善を目指すことができます。

肌の原料である「タンパク質」肌を整えてくれる「ビタミンA」コラーゲンの生成を促す「ビタミンC」血行促進効果のある「ビタミンE」などの栄養素はぜひ積極的に摂取しましょう。

 

 

敏感肌用スキンケアアイテムなら「レヴィーガ モイスチュアセラム

価格 通常価格:7,980円(税抜)

キャンペーン特別価格:1,980円(税抜)

内容量 40ml

敏感肌を改善するためには、ウィークポイントに合わせたケアをする必要があります。

バリア機能が低下している敏感肌にぴったりのアイテムが「レヴィ―ガモイスチュアセラム」です。

レウィーガモイスチュアセラムには、敏感肌に必要な成分である2種類の「セラミド」と天然保湿因子NMFが配合されています。

さらに、肌への負担が少ない「乳酸菌」と「お米の発酵成分」が乾燥によって乱れてしまったバリア機能を整えてくれます

敏感肌にとっては気になるパラベンやシリコン、鉱物油、エタノール、香料、防腐剤などの添加物は一切フリー

さらに、アレルギーテスト・パッチテスト・スティンギングテスト(※化粧品使用後に感じるヒリヒリ感、かゆみなどのテスト)済みです。

低刺激処方なのでお肌の弱い方でも安心して使用することができます

肌が敏感で自分に合う化粧品が見つからない…という方は是非試してみてくださいね。

 

 

まとめ

「もしかして敏感肌かも…」と思ってはいても、具体的な対策となるとよくわからないまま放置していた方も多いと思います。もしくは、自分はそういう体質だからと諦めてしまっていた方もいるでしょう。

しかし、敏感肌の特徴を知り、適切な対策をとることができれば、肌悩みの解消を目指すことは可能です

敏感肌は乾燥し、本来働くはずのバリア機能が衰えてしまった状態です。

しっかりと保湿できるアイテムを使い、バリア機能を回復させてあげることがもっとも重要です。

スキンケア毎日の生活習慣を見直して肌トラブルのない健康肌を目指しましょう!

ページのトップへ
ページのトップへ