毛穴のざらつきが気になる!小鼻や肌のボツボツ毛穴の原因とケア方法を解説

毛穴のざらつきが気になる!小鼻や肌のボツボツ毛穴の原因とケア方法を解説

季節関係なく毛穴のざらつきや黒ずみなど、毛穴に関する肌悩みを抱えている方は多くいらっしゃいます。

しかし、何が原因で肌トラブルが起きているのかが分からなければ、その後の改善方法も見つかりません。

今回は毛穴のざらつきや黒ずみの原因、毛穴に効果的なケア方法について、みなさんにご紹介していきます。

 

毛穴のざらつきや黒ずみの原因

毛穴に関する肌トラブルの原因は、大きく分けると皮脂の過剰分泌」「ターンオーバーの乱れ」「肌の乾燥」「生活習慣の乱れ」「誤ったスキンケア方法によるものの5つがあげられます。

まずは、それぞれの原因を見ていきましょう。

 

皮脂の過剰分泌

皮脂は、本来肌を乾燥などから守るために分泌されるので、肌の健康にとって欠かせないものです。

しかし、なんらかの原因で皮脂の過剰分泌が起こると、ベタつきやテカリ、毛穴が詰まる等さまざまな肌のダメージとなってしまこともあります。

顔には皮脂腺が多く存在するので、皮脂の分泌による影響を受けやすい部位です。

その中でも額と鼻は皮脂腺の数が多く皮脂の分泌量が多い部分なので、その分毛穴の黒ずみができやすいため注意が必要です。

 

ターンオーバーの乱れ

肌は一定の周期で、新しい肌へと生まれ変わります。

この肌が変わり続けるサイクルを「肌のターンオーバー」と言います。

このターンオーバーが乱れてしまうと、本来剥がれ落ちるはずの古い角質が溜まってしまい、角栓や黒ずみなどの原因となるのです。

 

肌の乾燥

肌は乾燥すると皮膚が硬くなり、毛穴が開きやすくなります。

毛穴レスの肌を目指すには、肌を乾燥から守りしっかり保湿することが重要です。

保湿に効果的な代表成分は以下のとおりです。

【保湿に効果的な成分】

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • 天然保湿因子NMF

 

これらの成分はお肌に潤いを与え、毛穴が開くのを防いでくれる効果が期待できます。

普段使用している基礎化粧品で乾燥を感じる方は、上記の成分が配合された化粧品に切り替えるのもいいでしょう。

 

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れも肌のざらつきや乾燥を引き起こす原因となります。

特に睡眠不足不健康な食生活は肌荒れに大きな影響をもたらします。

最低でも1日に8時間以上の睡眠を心がけたり、ファストフードやコンビニ食を避けた野菜中心の食生活を心がけたりすることで見違えるほど肌状態も整いますよ。

 

誤ったスキンケア方法によるもの

誤ったスキンケア方法を実践してしまうと、かえってお肌にダメージを与えてしまう場合があります。

メイク汚れをしっかり落とさずケアをしてしまっていたり、ごしごし洗いによって乾燥を引き起こしてしまったり、熱いお湯で洗顔していたり…など心当たりがある方もいるのではないでしょうか。

誤ったスキンケア方法は毛穴のざらつきを助長しかねません。

しっかりと正しい知識をつけて肌を労ってあげましょう。次章では正しいケア方法についてまとめますので、さらに詳しく説明していきますね。

 

【スキンケア編】肌のザラツキをケアする方法

肌のザラツキ感の原因は角栓です。

しかし健康なお肌であれば角栓は自然とはがれ落ちていくものなので、ざらつくことはありません。

ここでは常に健康な肌を心がける為に、正しいケアを実践していきましょう。

 

クレンジングの見直し

毎日のメイクをクレンジングできちんと落とせていないと、メイクや皮脂汚れによって毛穴を塞いでしまい、黒ずみやざらつきを起こす原因となります。

特に皮脂が溜まりやすい小鼻まわりなど細かい部分まで、丁寧にメイクを落とすことを心がけましょう。

また、その日の汚れはその日のうちに落とすのが黒ずみをつくらない秘訣です。

 

洗顔料や洗顔方法の見直し

肌の汚れをきちんと落とす事は勿論大事な事ですが、擦りすぎは返って肌の乾燥やダメージに繋がります。肌を傷つけしまうようなゴシゴシ洗顔は避け、泡で丁寧に洗いましょう

また、40度以上のお湯を使うと肌に必要な潤いまで洗顔料とともに洗い流してしまうので、洗顔に使用するお湯はぬるま湯でしっかり洗い落とす事が大切です。

また洗い方だけではなく肌のタイプに合った洗顔料を選ぶことも重要。

洗浄力が高いアイテムを選ぶのであれば酵素洗顔料(酵素洗顔パウダー)や角質ケアができる洗顔フォームを選ぶのもおすすめです。

しかし、洗浄力が高いアイテムは界面活性剤が多く含まれている可能性もあり、お肌の負担となる可能性もあります。乾燥肌を助長してしまう可能性もあるので、成分や自分の肌質をしっかり理解し慎重に洗顔選びを行うようにしましょう。

 

化粧水・美容液などの保湿ケアの見直し

クレンジング後の肌は1番乾燥しやすくなっています。

これは、洗顔によって肌の汚れとともに、肌の潤いが一緒に洗い流されてしまうからです。

毛穴のざらつきを改善したい方は、肌が乾燥する前に肌の水分を補う保湿ケアを行う事が重要。そこでお勧めの商品が「LEVIGA モイスチャーセラム」です。

レヴィーガモイスチュアセラムはラメラ構造とスキンフローラで若々しいハリのある肌に導いてくれる人気の保湿美容液です。保湿効果も高いので、毛穴のざらつきもしっかり防いでくれます。

 

ちなみに、ラメラ構造とは水分と油分が交互に規則正しく並んだ肌の構造のこと。ラメラ構造が整っている肌は水分をしっかりと抱え込んでいるのでハリや潤いのある肌へと導いてくれます。

一般的な保湿ケア製品は水分と油分をバラバラに補給していましたが、LEVIGAはラメラ構造のまま効率よく補給することが可能。

また、独自に開発した酵素ラメラは酵素水を100%使用しています。そうすることで美容成分の巡りを高め、浸透力を向上させ、ハリのある肌に導いてくれます。

美肌菌も2000億個と贅沢配合しているので、肌フローラのバランス状態を整えて肌の健康を保ち、自ら潤うチカラをサポートしてくれますよ!

 

ピーリングやパックなどのスペシャルケアも取り入れよう

毛穴のざらつきが気になる方はスペシャルケアを取り入れることもおすすめです。

2週間に1度、角質が溜まりやすい小鼻や眉を中心に、ピーリング剤でやさしくマッサージすることを習慣化するだけで気になるざらつきを改善することができます。

ピーリングはやりすぎてしまうと乾燥につながる恐れがあるので、使用上の注意をよく読み正しく使用するようにしてください。

また、お風呂を上がった直後は体温調節のため毛穴が開いているので、冷やしたパックなどで毛穴を引き締めてあげるのも効果的です。

パックは毛穴を引き締める上に保湿も行ってくれるので、Wで嬉しい効果が期待できますよ。

 

スキンケア以外で肌のざらつきを改善する方法

乾燥肌やざらつき、黒ずみを避ける為にも自身の肌にあったスキンケアは大切なことです。

ですが、スキンケア以外でも自身で実践していける改善策も沢山ありますので、ひとつずつご紹介していきます。

 

十分な睡眠を取る

私たちが避けることの出来ない外的ダメージは紫外線やストレス、ダイオキシンなどさまざまありますが、そのダメージからお肌を回復に導いてくれるのが睡眠中に分泌される成長ホルモンです。

この成長ホルモンがもっとも分泌されるのが、夜の10時から深夜2時の間のゴールデンタイム。

この時間までに深い眠りにつくことでホルモン分泌が活発になります。

なるべく就寝時間に気をつけ十分に睡眠を取ることを心がけましょう。

 

バランスの取れた食事を心がける

肌がざらつくのは食生活が乱れている可能性も考えられます。

日頃から甘いものや脂っこい物に気をつけてる方でも、外食時には避ける事が難しい場面が多いです。

ですが糖分、脂肪分は毛穴をつまらせたり、皮脂分泌を過剰にしてしまったりする可能性がありますので取り過ぎには十分注意しましょう。

 

おすすめは肌の調子を整えてくれる「ビタミン」や「ミネラル」を豊富に蓄えている野菜や果物を意識して食べることです。

【ビタミンが豊富な食べ物】

  • ブロッコリー
  • パプリカ
  • ケール
  • モロヘイヤ
  • かぼちゃなど

 

【ミネラルが豊富な食べ物】

  • ケール
  • ルッコラ
  • アボカドなど

 

また、お肌を作る元となるタンパク質が含まれている肉や、大豆製品、乳製品なども取り入れて、体の内側からケアをしていくことが大切です。

 

適度な運動を心がける

肌のターンオーバーと体の代謝機能は密接に関係しています。

体の代謝機能が低下すると、肌のターンオーバーも低下するので、体の代謝機能を高めるためにも適度な運動を行いましょう。

また適度な運動はストレス解消にも繋がるので、運動が苦手な方や運動する時間がない方でもこまめに体を動かすことが大事です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

毛穴についてのケア方法の知識をつける事で、今よりもっと自身の肌を良好な状態へと導く事ができます。

現在は美容外科や美容皮フ科での治療を行う方も多いですが、前述したように自身にあった保湿ケア製品を使い、日常生活を改める事がもっとも重要です。

日々の丁寧なケアがお肌状態を見違える程変えてくれますので、ぜひ試してみてください。

 

ページのトップへ
ページのトップへ