【医師解説】過脂敏感肌は乾燥が原因って本当?症状と正しいケア方法とは

肌が赤みを帯びてヒリヒリしてしまい、ファンデーションはもちろん日焼け止めも塗れない…すっぴんでも皮脂が多く出てしまいベタベタになってしまう…なんて経験はありませんか?

もしかしたらその症状は、単なる敏感肌ではなく「過脂敏感肌」かもしれません

今回は過脂敏感肌の症状と原因、正しいケア方法についてご紹介していきます。超がつくほどの敏感肌に悩んでいる…という人はぜひチェックしてみてくださいね。

 

過脂敏感肌の症状って?

「過脂敏感肌」という言葉にはあまりなじみがない人も多いと思います。過脂敏感肌は、通常の敏感肌に加えて、肌の皮脂が過剰に分泌されてベタベタになってしまう状態を指します

チクチクヒリヒリとした痛みや違和感が続き、紫外線や化粧品、空気中のホコリなどの刺激にも敏感に反応してしまう状態です。

肌本来のバリア機能が働いていると、外部刺激から肌は守られ、しっとり潤いのある肌が保たれます。しかし、ストレスや乾燥などの原因によってバリア機能が壊れてしまうと、角層へダイレクトに外部刺激が伝わってしまい、肌あれや肌トラブルの原因となるのです。

過脂敏感肌が悪化してしまうと、アトピー性皮膚炎や大人ニキビといった皮膚疾患がみられることもあります。こうなってしまうと専門の皮膚科医による治療が必要になるので、症状が悪化する前に食い止めることが重要です。

 

過脂敏感肌になってしまう原因とは?

過脂敏感肌になってしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

過脂敏感肌の原因を詳しく解説していきます。

 

乾燥によるもの

過脂敏感肌の大きな原因として、乾燥があげられます。

冬場のエアコンやヒーターにさらされて肌の水分量が不足すると、肌のバリア機能が失われてさまざまな肌トラブルの原因になります。

乾燥した肌は、油分を補おうと過剰に皮脂を分泌し、肌は乾燥しているのに皮脂で肌がべとつくという症状が起こるのです

多くの人は皮脂が気になるからと、洗顔などで皮脂を減らそうとしますが、まずは肌を保湿し、油分と水分量のバランスを整えることが重要です。

 

加齢によるもの

年を重ねると肌の表皮や角質層は薄くなっていき、コラーゲンなどの潤い成分も不足していきます。

また、メラニン細胞の数が減ることで紫外線ダメージから肌を守る機能が低下し、ちょっとした刺激にも過剰に反応してしまう肌になってしまうのです

 

スキンケアによるもの

肌に合わないスキンケア化粧品や、洗顔フォーム・洗顔ジェルなどを使っていると、皮膚がダメージを受けて敏感肌を招く原因になってしまいます。

皮脂を落としすぎる洗顔法毛穴の汚れを落とそうとする洗顔方法も肌トラブルの原因となります。

 

体質によるもの

生まれつき肌が弱いタイプの人や、アレルギー体質の人などは過脂敏感肌の症状も現れやすくなります。

ストレスや生活習慣によるところも大きいため、規則正しい生活習慣やバランスの良い食生活を心がけることも重要です

 

【必見】過脂敏感肌の正しいケア方法

過脂敏感肌の方は、普通の人よりも丁寧なスキンケアが必要になります。

ここでは過脂敏感肌を改善する3つのケア方法についてご紹介します。

 

スキンケア用品を見直す

化粧水やクリームなど、スキンケアアイテムを見直すことが過脂敏感肌の改善につながります。

過脂敏感肌の場合は、肌のバリア機能が壊れてしまっていることが主な原因です。肌の刺激にならずバリア機能を補ってくれるようなアイテムを使用しましょう

過脂敏感の肌はとてもデリケートな状態です。「この美容液で過脂敏感肌が治った!」という口コミや評価があったとしても、同じ効果があるとは限りません。

サンプルや返金保証が用意されているものを選んで、自分の肌に合うかチェックすること重要です

 

洗顔などスキンケア方法を見直す

スキンケアアイテムだけではなく、スキンケア方法についても見直しが必要です。

目元や口元などのポイントメイクは、ポイントリムーバーで個別にメイクを落とし、洗顔料はよく泡立てた状態で使うことが大切になります。

洗顔の際には「泡のクッション」で汚れを落とすイメージで、手でゴシゴシこすったり肌に摩擦を与えるのはNGまた、熱いお湯は肌に必要な油脂まで落としてしまうので、過脂敏感肌をさらに悪化させる危険性があります。

洗顔時や入浴時は40℃以下のぬるめのお湯に設定するようにしましょう。

 

食事によるケア

普段の食事を見直すことによって、内側から過脂敏感肌を改善することも大切です。

健康な肌作りに役立つ食生活に切り替えることにより、肌のターンオーバーを促したり天然の保湿成分を増やしたりする効果が期待できます

日本人女性に不足しがちな栄養素として、「たんぱく質」があげられます。私たちの肌を形成するのは、たんぱく質から合成されるアミノ酸です。

たんぱく質はお肉だけでなく卵や魚、大豆製品などにも豊富に含まれています。特に青魚には高い美容効果があるオメガ3脂肪酸も豊富。ビタミンを多く摂取できる野菜・果物とともに、魚料理を中心とした食生活に切り替えることで過脂敏感肌の改善につながります

 

敏感肌対策美容液「レヴィーガモイスチュアセラム」とは?

価格 通常購入:7,980円(税抜)
定期購入:特別価格でキャンペーン中
容量 40ml

今回ご紹介する「レヴィーガモイスチュアセラム」は、敏感肌対策に特化したスキンケアアイテムです。このレヴィーガモイスチュアセラムについて、詳しい特徴やメリットについてご紹介します。

 

お肌のバリア機能に着目して作られている

レヴィーガモイスチュアセラムは、肌のバリア機能であるラメラ構造に着目して開発されていることが特徴です。ラメラ構造とは、水分と油分がミルフィーユ状に重なっている角質層のことを指します。

ラメラ構造を整えることによって肌のバリア機能が改善し、外部刺激から肌を守ってくれる効果が期待できます。

 

美肌を作る美肌菌を高配合

人の肌には、肌にとって良い働きをする善玉菌である「美肌菌」が住み着いています。レヴィーガモイスチュアセラムには、この美肌菌が2000億個配合されています

美肌菌が増えることで肌の保湿成分であるグリセリンが生成され、潤いのあるきめ細やかな肌を取り戻すことができます。

 

乾燥をケアできる保湿成分をしっかり配合

レヴィーガモイスチュアセラムの主な保湿成分は、セラミドNMF(乳酸Na)の2つです。

セラミドは肌のラメラ構造を支える大切な成分で、米や柚子果実から抽出された天然の植物型セラミドが使われているのが特徴です。肌なじみの良いヒト型セラミドとのダブル処方で、さらなる相乗効果が期待できます。

NMFは天然保湿因子であり、水分を取り込んでそのまま抱え込む、スポンジのような働きを持ちます。肌のNMFは加齢とともに減少していくため、外部からの補充してあげることが重要です。

 

敏感肌にうれしいお肌にやさしい処方

敏感肌は、界面活性剤やエタノールなどの化学成分が刺激になり肌の調子が悪くなることがあります。

レヴィーガモイスチュアセラムは、防腐剤や界面活性剤、エタノールなど、肌の負担になる成分を配合していません。また、日本食品分析センターの分析結果により、安息香酸やサリチル酸をはじめとする成分も含んでいないことが証明されています。

レヴィーガモイスチュアセラム は、敏感肌の方も安心して使用できる処方になっています。

 

3つのテストをクリア

レヴィーガモイスチュアセラム は「アレルギーテスト」「パッチテスト」「スティンギングテスト」の3つのテストをクリアしており、高い安全性が保証されています

これまでさまざまな機能性化粧品を試してみたけど肌に合わなかった…という人にもおすすめの化粧品です。

 

まとめ

過脂敏感肌は、乾燥や加齢、体質などの原因によって生じる肌トラブルの一種です。

過脂敏感肌を改善するためには、外部刺激から肌を守ってくれるバリア機能の改善がもっとも大切です

肌のバリア機能は、スキンケア方法や生活習慣の改善、食生活の見直しによって回復させることができるので、日々の生活や習慣を見直してみてくださいね

また、日々のスキンケアはもっとも重要です。肌の刺激にならないやさしい処方のものを選び、高保湿スキンケアを心がけてくださいね。

今回ご紹介した「レヴィーガモイスチュアセラム」は90日間の返金保証が付いています。どの化粧品も合わなかった…という人もこの機会にぜひ試してみてくださいね。

 

ページのトップへ
ページのトップへ