【肌質チェック】あなたの肌は何タイプ?診断結果別の改善方法もご紹介!

「顔のツッパリが気になる…」

「保湿をしているのにテカってくる…」

「なかなか合うスキンケアが見つけられない…」などのお悩みはありませんか?

何かしらの肌悩みをお持ちの方は、使用しているスキンケアが自分の肌質に合っていないかもしれません。

この記事では、自分の肌質に合ったスキンケアを理解すべく、肌質診断から肌質ごとの改善方法やケア方法、オススメのスキンケア商品などについて一挙にご紹介していきます。

 

診断前に肌タイプを理解しよう!

実は肌タイプといってもさまざまな種類が存在します。

大きく分けると以下の5種類となります。

  • 乾燥肌
  • 脂性肌
  • 混合肌
  • 敏感肌
  • 普通肌

まずはそれぞれの肌タイプを理解するところから始めてみましょう。

 乾燥肌

乾燥肌の特徴といえば入浴後や洗顔後に顔がつっぱる感じがしたり、粉をふいたり、肌の水分不足から引き起こされるさまざまな症状がみられます。

また顔だけに限らず膝や肘など全身にも症状がみられることが多く、ひどくなると痒みや赤みが伴うことも…。

乾燥肌の方は毛穴が目立ちにくく、キメが細かい肌をしている反面、シワができやすいというデメリットもあります。

スキンケアは、保湿効果が高いアイテムがおすすめです。

 

脂性肌(オイリー肌)

肌内部に皮脂量が多いのが脂性肌(オイリー肌)です。

肌表面に過剰な油分が出てしまうのが原因となり、化粧をしてもTゾーンや鼻周りなどがテカってしまったり、小さいニキビや大人ニキビなどができてしまったりします。

脂性肌は油分が毛穴に詰まりやすい特徴もあるので、ニキビ菌が毛穴に溜まってしまい、ニキビが再発してしまう可能性も。

スキンケアは、皮脂量を調整してくれるアイテムやニキビ対策のビタミンCが多く含まれているスキンケアなどがおすすめです。

 

 混合肌

日本人のほとんどが当てはまるといわれている混合肌。

この肌質は乾燥肌と脂性肌が混在しており、部位ごとに肌の症状が異なるのが特徴です。

Tゾーンや鼻周りはオイリーになるにも関わらず、目元や口元などの部位や頬やフェイスラインなどは乾燥してしまいます。

乾燥肌や脂性肌に比べるとトラブルは少なめですが、肌質に合わないスキンケアアイテムを使用していると、乾燥肌や脂性肌に偏ってしまう恐れもあるので注意が必要です。

 

 敏感肌

敏感肌はバリア機能の低下やターンオーバーの乱れなどにより、皮脂膜、NMF、細胞間脂質のバランスが崩れ、外部刺激を受けやすくなっている肌状態を指します。

化粧水や乳液による肌トラブルもおきやすい傾向にあり、刺激の強いスキンケアアイテムを使用すると、肌がピリピリしてしまったり、赤みが出てしまったりする恐れもあります。

 

普通肌

普通肌は肌内部の水分量と油分量のバランスが良く、肌トラブルのない健康な状態です。

とはいえ、普通肌だからといってスキンケアを怠っていたり、不健康な生活を送っていたりするとすぐに肌のバランスは壊れてしまうので、規則正しい生活と正しいスキンケアを心がけることが大切です。

 

店頭へ行かなくてもできる!簡単無料肌質チェック

肌質チェックは店頭に行かなければいけないと思われがちですが、自分でも簡単に判断することが可能です。

以下の項目に当てはまった数で肌質を簡易診断できるので、気になる方はチャレンジしてみてください。

 

【質問1】毛穴の状態は?

  • 目立たない→1点
  • 少し目立つ→2点
  • 大きく開いている→3点

 

【質問2】 Tゾーン(額・鼻周り・顎)の状態は?

  • カサカサしている→1点
  • たまにベタつきがある→2点
  • いつもベタつきがある→3点

 

【質問3】洗顔後の肌状態は?

  • いつもつっぱり感がある→1点
  • ときどきつっぱり感がある→2点
  • つっぱり感はない→3点

 

【診断結果】

  • 3〜4点の方は、「乾燥肌」の傾向があります。
  • 5〜6点の方は、「普通肌」の傾向があります。
  • 7〜8点の方は、「混合肌」の傾向があります。
  • 9点の方は、「オイリー肌」の傾向があります。

 

続いて、敏感肌チェックをしてみましょう。

3つの質問に答えて、合計した点数で敏感肌の傾向がわかります。

 

【質問1】寒暖差があると肌が敏感になる?

  • よく敏感になる→1点
  • ときどき敏感になる→2点
  • まったくならない→3点

 

【質問2】肌荒れしやすい?

  • よく肌荒れする→1点
  • ときどき肌荒れする→2点
  • 肌荒れは起こらない→3点

 

【質問3】洗顔後すぐに乾燥を感じる?

  • いつも乾燥を感じる→1点
  • ときどき乾燥を感じる→2点
  • まったく感じない→3点

 

【診断結果】

3点以上の方は、「敏感肌」の傾向があります。

それぞれの原因と詳しい改善方法については次章でお伝えしますね!

 

【肌質別】今日からできる改善方法!

肌タイプの診断結果をもとに、自分に合った改善方法を取り入れてみましょう。

間違ったスキンケアは肌を悪化させます。普段のスキンケアについて今一度見直してみてくださいね。ここからは、肌質別に今日からできる肌トラブル改善方法をご紹介します。

 

 乾燥肌

乾燥肌の原因は、不規則な生活によるターンオーバーの乱れや加齢によるセラミドの減少、紫外線などの外部刺激や間違ったスキンケアによるものが多いです。

乾燥肌を改善するための方法をまとめてみましたので、以下の点に注意しながら改善してみてください。

 

  • 不規則や寝不足は肌のバリア機能を低下させてしまうので肌内部の水分が蒸発してしまい乾燥を招いてしまいます。ゴールデンタイムといわれている時間に就寝し、1日8時間以上の睡眠を心がけましょう。
  • 加齢によるセラミドの減少はセラミド配合のスキンケアで補うことがおすすめ。セラミドにもいくつか種類がありますが、ヒト型セラミドが人の肌に存在するセラミドにもっとも似ており、浸透力や保湿力も高いのでおすすめです。
  • 紫外線は水分を奪い肌を乾燥させます。曇りや雨の日でも必ず日焼け止めは使用するようにしてください。
  • 間違ったスキンケアをするとかえって乾燥を招く原因となります。熱いお湯での洗顔や、肌をゴシゴシ強くこすってしまうと肌が弱り乾燥の原因になってしまいます。洗顔の際は泡でやさしく洗うようにし、34度前後のお湯で洗い流すことをオススメします。

 

 

 脂性肌(オイリー肌)

脂性肌は脂っこい食事や糖質の多い食事、ビタミン不足やストレス、洗顔などスキンケアが正しくできていないことが原因で引き起こります。

脂性肌を改善するための方法は以下のとおりです。

 

  • 脂質や糖質は肌にとって大切な成分ですが、それだけではなくビタミンB1・ビタミンB6・ビタミンCは肌を健康に保ち、バリア機能を向上させてくれるのでバランスの良い食事を心がけましょう。
  • ストレスはホルモンバランスを乱し皮脂分泌に影響を与えます。睡眠不足や運動不足も身体に負荷がかかりストレスに繋がってしまうので、適度な睡眠や運動をすることをオススメします。
  • オイリー肌の方は毛穴詰まりを引き起こしやすいので、時間をかけ丁寧にしっかりとクレンジングや洗顔をし毛穴の中まで清潔に保つことが大切です。また洗顔後のスキンケアは油分が少なく高保湿のものを選ぶようにしてください。進行中のニキビができた際は刺激の少ないスキンケアアイテムを選ぶこともおすすめです。

 

 混合肌

乾燥肌と脂性肌が混在している混合肌は、誤ったスキンケアやホルモンバランスの乱れ、季節の変わり目の寒暖差によって引き起こされます。

また、規則正しい生活習慣はもちろんのこと、部位ごとに異なったスキンケアが必要です。

混合肌の方は以下の点を意識しながら改善してみてください。

 

  • ホルモンバランスを整えるには睡眠や運動はもちろん、喫煙や飲酒なども影響します。嗜好品の過剰摂取はお控えください。
  • ストレスや食生活の乱れも肌バランスを壊す恐れがあるので、趣味の時間を作ったり、野菜中心のバランスの良い食事を心がけてください。
  • 洗顔やクレンジングの洗い残しも混合肌の原因となります。
    洗い残しのないよう、流しにくい箇所も丁寧にすすぐようしてください。
    また、スキンケアアイテムを部位ごとに使い分けることをもオススメです。例えば乾燥しやすい目元などはアイクリームなどで丁寧に保湿したり、乾燥が気になる部分はセラミドやヒアルロン酸などの保湿効果の高い成分が含まれているものを使用したりするなど細かな配慮が必要となります。

 

 敏感肌

敏感肌の方は元々体質的に肌が弱い方もいますが、乾燥や加齢、間違ったスキンケアや紫外線などの外部刺激によって肌のバリア機能が低下し、後天的に敏感肌になるケースもあります。

敏感な状態の肌には強い刺激を与えないよう気をつけましょう。

 

  • 洗顔やクレンジングは添加物や刺激のない成分で作られているものを選び、皮脂を取り過ぎず、保湿効果が高いものを選ぶようにしましょう。
  • 紫外線などの外部刺激は肌のバリア機能を乱す恐れがありますので、日焼け止めはこまめに塗るようにしましょう。
  • 不規則な睡眠、ストレスなど乱れた生活習慣は敏感肌の原因となるので、こまめにストレスを発散し、夜は8時間以上睡眠をとるようにしましょう。
  • 誤ったスキンケア方法も敏感肌の原因となります。ゴシゴシ洗いなどの刺激は特に気をつけるようにしてください。
  • どうしても肌が敏感すぎてしまう場合は病院や専門医で受診することをオススメします。

 

敏感肌・乾燥肌の人におすすめ「レヴィーガモイスチュアセラム」

通常価格 8,778円(税込)+送料650円
定期便 初回2,980円(税込)+送料無料
容量 1本40ml

敏感肌や乾燥肌向けのスキンケア用品おすすめ人気ランキングでも紹介されることの多い「レヴィーガモイスチャーセラム」。

こちらのアイテムはヒト型セラミドと植物由来セラミドが配合されているだけでなく、天然保湿因子(NMF)やホホバ種子油・スクワランといったお肌に潤いを与えてくれる保湿成分がたっぷり含まれています。

また「美肌菌」と呼ばれる善玉菌を2000億個配合しているので、肌トラブルやアトピーの原因である「黄色ブドウ球菌」の増殖をおさえる効果もあります。

 

レヴィーガモイスチュアセラム は、敏感肌の方にも安心して使えるよう、以下の刺激のある成分は使用しておりません。

  • 界面活性剤フリー
  • 防腐剤フリー
  • エタノールフリー
  • 合成香料フリー
  • 合成着色料フリー
  • 紫外線吸収剤フリー動物由来フリー
  • シリコンフリー
  • パラベンフリー

 

また、アレルギーテストやパッチテスト、スティンギングテストが実施されているためアレルギーのある方でも安心して使うことができますよ。

 

肌質にあった化粧品でお肌を整えよう

肌質によって異なるケア方法や、肌荒れの原因はついて理解できましたか?

ご自身の肌質を理解することで、自分に合った適切なスキンケアをすることができます。

 

肌が綺麗になると、顔のトーンが上がり清潔感が生まれるので、第一印象を変えることも可能です。

肌トラブルを改善するのは難しいのかもしれない…と諦めていた方も、ぜひ今回ご紹介した方法を試してみてくださいね。

ページのトップへ
ページのトップへ