美肌の秘訣【肌フローラ】とは?肌フローラを整えるスキンケアや習慣を解説

「乾燥や肌トラブルが気になるけれど、なかなか改善しない…」というお悩みを持つ方は意外と多いものです。

しっかりケアしてるにも関わらず肌悩みが改善しないなら、肌フローラのバランスが崩れているせいかもしれません。

この記事では、美肌に必要不可欠な「肌フローラ」のメカニズムや肌フローラを整えるための対策方法についてご紹介します。

 

肌フローラとは

「肌フローラ」とは、皮膚に存在する常在菌の集まり(菌叢)のことを意味します。

フローラというと腸内環境を整える「腸内フローラ」を思い出す人も多いと思いますが、同じく肌フローラも肌環境を左右する大切なものです。

この肌フローラの常在菌バランスが保たれていると、肌トラブルのない健康な肌状態を保つことができます。

しかし、肌フローラの環境が悪くなると、ニキビや乾燥、肌荒れなどの皮膚トラブルが起こりやすくなってしまうのです。

 

肌フローラを適切に保つには【常在菌バランス】が重要

肌フローラを良好に保つためには、皮膚の常在菌バランスが重要なカギになります。

皮膚に存在する常在菌には多くの種類がありますが、大まかには以下の3つに分けることができます。

  • 善玉菌 

代表的なものは「表皮ブドウ球菌」など。

肌を保護し保湿効果を高める「脂肪酸」や「グリセリン」などを作り出してくれる。

  • 日和見菌

通常は悪さをしないが、優位になった常在菌の働きに左右される。

善玉菌が優位な肌では皮膚を弱酸性に保ってくれるが、悪玉菌が優位な環境ではニキビなどの肌トラブルを引き起こす。

代表的なものとして「アクネ菌」がある。

  • 悪玉菌

肌トラブルの原因となる菌。

これらが増えてしまうと肌環境が悪化し、皮膚のトラブルが起こりやすくなる。

代表的なものとしては、アトピー性皮膚炎の原因菌としても知られる「黄色ブドウ球菌」がある。

肌トラブルを予防し美肌を保つには、肌フローラ内の善玉菌を増やすことが大切です

善玉菌は美肌菌とも呼ばれており、増えることで悪玉菌の増殖を抑え、肌の保湿力やバリア機能を高めてくれる効果があります。

善玉菌が増えやすい肌環境を整えることで、ニキビや乾燥肌などの困った肌悩みを改善に導くことが期待できるのです。

 

肌フローラを整える5つの習慣

肌フローラのバランスを整えるには、日ごろの生活習慣が非常に大切です。

ここでは、整った肌フローラへと導くために欠かせない、5つのポイントについてご紹介します。

 

洗顔はしすぎない

肌フローラのバランスを保つためには、洗顔はしすぎないことがポイントです。

もちろん汗やメイクはその日のうちに落とした方がよいですが、1日に何度も顔を洗うのはおすすめできません。洗いすぎることで汚れだけでなく、必要な善玉菌まで洗い流してしまうからです

基本的には1日1回~2回程度で十分です。

また、洗浄力の強すぎる洗顔料やメイク落としは避け、なるべくマイルドなものを使うことをおすすめします。

 

お風呂は長くても15分まで

肌フローラのためには長風呂は厳禁です。

お風呂の入りすぎや熱すぎるお湯は、皮膚の大切な常在菌を減少させてしまいますまた、長風呂で肌がふやけることで、角質層の美肌菌まで損なう危険性も。

良好な常在菌バランスを保ちたいならお風呂は長くても15分程度に、またぬるめのお湯で洗うことをおすすめします。

 

適度な運動をする

肌の善玉菌を増やすには、適度な運動をするのがおすすめです。

皮脂や汗は善玉菌のエサとなります。適度な運動で汗をかくことで善玉菌にとって心地の良い肌環境に整えることができます

また、普段から汗をかくことは汗の質にも関わってきます。

普段汗をかいていないと、不純物の多いベタベタとした汗になってしまいます。こうした質の悪い汗は肌をアルカリ性に傾かせ、悪玉菌を増やす原因になります。

良質な汗をかくためにも、日ごろから運動する習慣を身に着けることをおすすめします。

 

腸内環境を整える食品を食べる

美肌のためには腸内環境を整えることも大切です。

私たちが食べたものは、腸内で吸収され体の隅々まで運ばれていきます。しかし、腸の働きが悪いとせっかくの栄養も届くべきところに届かなくなってしまいます

さらには腸内に溜まった老廃物のせいで有毒なガスなどが発生、体や皮膚に悪影響を及ぼすことも。よって腸内環境の悪い人はニキビなどの肌トラブルを抱えやすいのです。

美肌のためには肌フローラだけでなく、腸内フローラも整えることが重要です腸内の善玉菌を増やすには、ヨーグルトなどの乳酸菌の入った食品や味噌、納豆などの発酵食品がおすすめです。

これらの食品を積極的に摂ることで、腸内環境を良好に保つことができます。

 

ノーメイクの日をつくる

肌フローラのためには、週に1度程度ノーメイクの日を作ることをおすすめします。

メイクは意外と肌に負担を与えます。メイクをし続けることで、雑菌の繁殖や肌への刺激、さらにはメイク落としの際に肌に負担がかかります

また化粧品に含まれる防腐剤やアルコール等は、常在菌を減らす原因にもなります。

特に化粧をする必要のない日はできるだけノーメイクで過ごし、肌を休ませるようにしましょう。

 

肌フローラを整えるスキンケアのポイント

健やかな肌のためには肌フローラを整えることが大切です。

ここでは、良好な肌フローラを保つためのスキンケアのポイントについてご紹介します。

 

メイクはしっかり落とす

肌フローラを整えるためには、メイクをしっかり落とすことが大切です。

メイク汚れが残ったままだと、そこから雑菌や細菌が繁殖しやすくなります。とはいえ、しっかりメイクを落としたいがために、ゴシゴシと力をいれてしまっては逆効果です。

肌に負担がかからないよう、メイクは優しく丁寧に落としましょう

目元などのメイクが濃い部分は、ポイントメイク落としを使用するのがおすすめです。

 

アルコールや防腐剤がはいっていないものを使う

スキンケアアイテムを選ぶ際は、アルコールや防腐剤などが入っていないものがおすすめです。特にアルコールは肌を乾燥させてしまうため、せっかくの美肌フローラのバランスを崩してしまいます。

また、防腐剤などの添加物も肌への刺激となる可能性があるため、なるべくそうしたものが含まれていない無添加処方の化粧品がおすすめです。

ちなみにパラベンフリーイコール防腐剤フリーと考えている人も多いですが、パラベンは防腐剤の一種であり、全ての防腐剤を排除していることにはなりません。

購入時には、成分表示をしっかり確認するようにしてくださいね。

 

保湿をしっかり行う

美肌フローラを育てるためには、保湿をしっかり行うことが大切です。

保湿を怠ると肌は乾燥しやすくなり、結果として肌フローラのバランスも崩れやすくなります。

化粧水の後には必ず乳液やクリームでふたをして、水分を閉じ込めるようにしましょう

 

よく泡立てて優しく洗顔する

前述したように、肌フローラにはゴシゴシ洗いは厳禁です。洗いすぎや刺激の強い洗顔は、大切な美肌菌を洗い流してしまいます。

肌フローラを守るためには、よく泡立てて優しく洗顔することがポイントです。

また、洗い残しは肌トラブルの原因になるため、泡を丁寧に落とすことも忘れないようにしましょう。

 

洗顔する時は人肌程度のお湯でおこなう

熱いお湯での洗顔は、必要な皮脂や美肌菌まで洗い流し、肌を乾燥させてしまいます。とはいえ、冷たい水も汚れを落とし難かったり、お肌への刺激となるため注意が必要です。

寒い朝はつい熱いお湯を使いたくなってしまいますが、肌フローラを守りたいなら人肌程度(32度前後)のぬるま湯を使うようにしましょう。

また、入浴時にシャワーで洗い流す人も多いですが、温度だけでなく水圧によっても美肌菌を洗い流してしまう可能性があります。

シャワーは顔の当てず、手のひらで優しく洗顔するようにしましょう。

 

肌フローラに着目した【レヴィーガモイスチュアセラム 】がおすすめ!

肌悩みを改善したいなら、肌フローラのメカニズムに着目したスキンケアシリーズを取り入れるのもおすすめです。

ここでは、肌フローラに着目してつくられた「レヴィ―ガモイスチュアセラム」をご紹介します

商品名 レヴィ―ガモイスチュアセラム
価格 通常価格7,980円(※税別価格)
内容量 40ml

 

 

美肌を作る美肌菌を高配合

バランスのとれた肌フローラのためには美肌菌の存在が欠かせません。

レヴィ―ガモイスチュアセラムには、独自に研究開発された2000億個もの美肌菌が含まれているため、使い続けることで肌フローラの状態を整えてくれます。

また、美肌菌自体が肌の保湿成分である「グリセリン」を作り出してくれるため、潤った理想的な肌環境へと導いてくれます。

 

保湿成分もしっかり配合

レヴィ―ガモイスチュアセラムには、人の肌にもともと存在する保湿成分である「セラミド」「NMF」がたっぷり配合されています。

セラミドは皮膚の細胞間に存在し、水分を保持する役割のある非常に重要な成分です。

レヴィ―ガモイスチュアセラムには、人間が持っている成分に近い「ヒト型セラミド」と肌に優しい「植物性セラミド」の両方が含まれています。

また「NMF」は天然保湿因子と呼ばれるもので、角質層の水分を保持する機能をもっています。

お肌にとって欠かせない2つの美容成分が配合されているため、乾燥に悩んでいる肌にもしっかりうるおいを届けることができるのです。

 

お肌に優しい処方

『肌に優しい低刺激処方』もレヴィ―ガモイスチュアセラムの特徴です。

気になるエタノールや防腐剤をはじめ、石油系・アミノ酸系界面活性剤、動物由来原料、シリコン、紫外線吸収剤、鉱物油、パラベン、合成着色料、合成香料、以上10種の添加物が無配合です。

また、アレルギーテスト・パッチテスト・スティンギングテストがされている商品なので、敏感肌の方でも安心して使用できます

 

まとめ

高級スキンケア化粧品やお金をかけたケアを行っているのに、なかなか効果が得られないなら、それは肌フローラのバランスが崩れているからかもしれません。

また、現在は布マスクやマスクを付ける機会も多く、その刺激で肌トラブルが起こってしまうことも少なくないでしょう。そうした肌悩みを改善するためには、肌フローラのバランスを整えることが非常に重要です

まずは、普段のスキンケア方法や化粧品アイテムを見直してみてくださいね。肌フローラが増える習慣やスキンケアアイテムを取り入れることで、肌トラブルとは無縁の健康肌を手に入れることが可能です。

積極的に菌活を行って、乾燥や肌トラブルに悩まない美肌を手に入れましょう!

 

ページのトップへ
ページのトップへ