乾燥肌にはセラミド化粧品がおすすめ!セラミドスキンケアで乾燥肌対策!

肌表面の角質層には、潤った肌を保つために重要な「セラミド」という成分があります。

セラミドはさまざまな原因で減少するため、肌の乾燥が気になる方はセラミド配合のアイテムでスキンケアをするのがおすすめです。

今回はセラミドの特徴や機能、減少する原因、セラミドを増やすスキンケアのポイントなどを詳しく解説します

 

セラミドとは

セラミドとは、角質層内にある細胞間脂質の主成分のこと。

わたしたちの肌表面にある角質層は、角質細胞が重なりあう構造をしています。

この角質細胞の間を埋めて細胞同士をつないでいるのが、セラミドなどでできている「細胞間脂質」です。

 

セラミドと乾燥肌の関係

細胞間脂質は水分と油分がミルフィーユ状に重なったラメラ構造になっているのが特徴で、約50%をセラミドが占めています。

セラミドは肌の潤いを守り、健やかな肌をキープする役割を持っているため、セラミドが不足すると乾燥肌を引き起こすのです。

肌がカサカサする、粉ふきがある、洗顔後につっぱるなど乾燥肌の症状が現れたら、セラミド不足を疑ってくださいね。

 

セラミドの機能

セラミドの優れた機能として、保湿機能バリア機能があります。

具体的にどのような機能なのかチェックしてみましょう。

 

保湿機能

セラミドは水と脂の両方になじむ性質を持っており、角層内に水分をつなぎとめて保湿する機能があります。

逆に言うと、セラミドが不足すると角層内の水分を保持しにくくなるため、乾燥しやすい肌になってしまうのです。

 

バリア機能

セラミドには角層内の水分の蒸散を防ぎ、外部刺激から肌を守るバリア機能があります。

セラミドが不足するとバリア機能が低下し、乾燥や肌荒れを引き起こしてしまうことがあります。

セラミドはさまざまな原因で減少してしまうので、乾燥や肌荒れが気になったらセラミドを増やすスキンケアを取り入れることが大切です。

 

セラミドが減少する原因

セラミドが減少する主な原因には、加齢間違ったスキンケアターンオーバーの乱れがあります。

それぞれの原因について詳しく見てみましょう。

 

加齢

ヒアルロン酸やコラーゲンなど、美肌を保つために重要といわれる成分は加齢によって減少してしまいます。

セラミドも同様に、加齢によって徐々に減少していくため、年齢を重ねるにつれて肌は乾燥しやすくなり、シワができやすくなってしまうのです。

個人差はありますが、セラミド量は30代をピークに減少し始め、50代になると20代の約半分程度に減少するといわれています。

年齢とともに肌の調子が変わってきたと感じたら、セラミドスキンケアを取り入れるのがおすすめです。

 

間違ったスキンケア

普段のスキンケア方法が間違っていると、角層内にあるセラミドを奪ってしまうことも。

  • 洗浄力の強いクレンジングや洗顔料を使っている
  • 熱いお湯で洗い流している
  • 洗顔後はタオルでゴシゴシと拭いている

このようなスキンケアをしている方は、セラミド不足から乾燥や肌荒れを招いている可能性があるので注意しましょう。

 

ターンオーバーの乱れ

肌は、一定のサイクルで新しく生まれ変わるターンオーバーを繰り返しています。

このターンオーバーが乱れると、セラミドが正常に生成されなくなってセラミド量が減ってしまうのです。

ターンオーバーの乱れは、さまざまな原因によって起こります。

 

【ターンオーバーを乱す原因】

  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 紫外線や乾燥などの外部刺激
  • 食生活の乱れ
  • 運動不足
  • 疲れ
  • 便秘

 

上記に該当する方は、ターンオーバーが乱れているかもしれません。

規則正しい生活習慣栄養バランスのとれた食事を心がけてターンオーバーを整えましょう。

 

セラミドを増やすスキンケアのポイント

セラミドを増やすには角層内のセラミドを守りつつ、外からセラミドを補うスキンケアを行うのがおすすめです。

年齢肌や乾燥肌の方におすすめのセラミドスキンケアのポイントを紹介します。

 

正しく洗顔をおこなう

健やかな肌をキープするには、しっかりと汚れを落とすことが大切です。

しかし、過剰な洗顔は肌の潤いを保つために必要な皮脂やセラミドを奪ってしまいます。

洗顔をする際には余計な刺激を与えずに、泡で優しく洗顔をするのがポイント。

使用する洗顔料は、低刺激性タイプやセラミド配合のものがおすすめです。

 

【おすすめの洗顔方法】

  1. 洗顔前に手を洗い、ぬるま湯で顔を湿らせます。
  2. よく泡立てずに洗顔料を肌にのせると、摩擦による刺激が起きたり十分に汚れを落とせなかったりします。泡立てネットなどを活用して、洗顔料をたっぷりと泡立てましょう。
  3. 泡立てた洗顔料を手に取り、顔全体に広げます。泡でクルクルと円を描くように、汚れと泡をなじませましょう。ゴシゴシと肌をこすらないようにするのがポイントです。洗顔する時間が長すぎると肌に負担をかけてしまうので、手早く洗いましょう。(1〜5分程度が目安)
  4. 32~35度程度のぬるま湯で、洗い残しがないようにしっかりと泡を洗い流しましょう。洗顔のときと同じように、ゴシゴシと顔をこすらないように注意してくださいね。
  5. 最後に清潔なタオルを肌に軽く押し当てて、水分をとります。
  6. 洗顔後は乾燥しやすい状態になっているので、すぐに化粧水や乳液、フェイスクリームなどで保湿をしましょう。

 

ヒト型セラミドのスキンケアを使用する

セラミド不足を感じたら、セラミド配合のスキンケア商品で外から補うスキンケアを始めてみましょう。

セラミド配合のスキンケア商品を直接肌に塗ることで、セラミドを補い水分量をアップさせる効果が期待できます。

化粧品などに配合されているセラミドには、大きく分けて4つの種類があります。

 

▶︎ヒト型セラミド

酵母などを利用し、人がもともと持つセラミドの構造に似せて作られたセラミド。保湿力が高く刺激が少ないのが特徴で、もっとも肌への親和性が高いといわれています。

成分表示名:セラミドNG、セラミドNPなど

 

▶︎天然セラミド

馬などの動物から抽出されたセラミド。ヒトが持つセラミドに似た構造なので、肌なじみが良く保湿力や浸透力が高いのが特徴です。ただし、価格が高いため、天然セラミドを配合した化粧品も高価な傾向があります。

成分表示名:セレブロシドなど

 

▶︎植物性セラミド

米やコンニャク、ユズ果実などから抽出した植物由来のセラミド。ヒト型セラミドや天然セラミドと比べると親和性や保湿力は劣りますが、肌に優しく安全性が高いといわれています。

成分表示名:米ヌカスフィンゴ糖脂質など

 

▶︎合成セラミド

石油を原料に化学合成して作られたセラミド。大量生産できるので安価に手にいれることができますが、ヒト型セラミドや天然セラミドと比べると効果は低いといわれています。

成分表示名:ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミドなど

 

効果や安全面からみても、ヒト型セラミドがおすすめです。

保湿力や浸透力が高く刺激が少ないので、肌が弱い方や敏感になった肌にも安心して使用できます。

ぜひ毎日のスキンケアにヒト型セラミドを配合した商品を活用してみてくださいね。

 

保湿効果の高いスキンケアを使用する

うるおいのある肌を目指すなら、セラミドはもちろん、他の保湿成分も配合された高保湿スキンケア商品を使用するのがおすすめです。

おすすめの保湿成分は以下の通りです。

 

【代表的な保湿成分】

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • 天然保湿因子(NMF)
  • グリセリン
  • スクワラン
  • ホホバオイル
  • シアバター

 

スキンケア商品を選ぶ際は、商品情報や配合成分表示をよく見てどのような美容成分が配合されているのかチェックしてみましょう。

 

レヴィーガモイスチュアセラムは乾燥肌にもおすすめ!

通常価格 8,778円(税込)+送料650円
チャレンジコース特別価格 2,980円(税込)送料無料

  • 90日間返金保証
  • 2回目以降も25%OFF
内容量 40ml
特徴
  • 美肌菌2000億個
  • 乾燥による小じわが目立たなくなる効果評価試験済み
  • 酵素水100%
  • 10のフリー処方(界面活性剤フリー・動物由来フリー・シリコンフリー・紫外線吸収剤フリー・鉱物油フリー・パラベンフリー・エタノールフリー・合成着色剤フリー・合成香料フリー・防腐剤フリー)
  • 3つのテスト済み(アレルギーテスト・パッチテスト・スティンギングテスト)

 

商品詳細はこちら

 

「レヴィーガモイスチュアセラム」は、お米の発酵成分と乳酸菌の発酵法によるラメラ構造100%のオールインワン美容液です。

2種のセラミド(ヒト型セラミド・植物型セラミド)や天然保湿因子(NMF)、ホホバ種子油、スクワランなどの保湿成分が配合されているので、乾燥対策にぴったり

さらに、肌本来の保湿力を高める働きが期待できる美肌菌も高濃度配合使い続けることで、自ら潤う理想的な素肌が手に入ります。

肌のカサカサ感が気になる方や、手間をかけずに潤い肌を目指したい方はぜひ試してみてくださいね。

 

セラミドの力で乾燥肌を克服しよう!

セラミドは、肌の潤いを保つために重要な成分ですしかし、加齢や日頃の生活習慣、スキンケア方法などの影響によって、セラミドは不足してしまいます。

うるおいのある美肌を目指すなら、生活習慣を整えるのはもちろん、外からセラミドを補う『セラミドスキンケア』を意識してみてくださいね

ぜひ、今回解説した情報を参考に、乾燥肌克服を目指しましょう!

 

ページのトップへ
ページのトップへ