美肌フローラ(美肌菌)は肌トラブル改善に効果的!育てるポイントもご紹介

近年、肌を美しくする働きをもつ「美肌フローラ(美肌菌)」に注目が集まっています。

美肌フローラは私たちの肌にもともと存在する常在菌の一種ですが、そのメカニズムについてはあまり知らないという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、そんな「美肌フローラ」の効果や特徴、育てるためのポイントについてご紹介していきます

 

美肌フローラ(美肌菌)とは?

人間の肌には、何種類もの常在菌が存在します。

菌というと悪いもののように思いますが、実際は種類によってその働きはさまざま。特に美肌フローラ(美肌菌)と呼ばれるものは、私たちの肌を美しく保つためには欠かせないものです

まずは、皮膚常在菌について詳しく解説していきます。

 

皮膚常在菌の種類

皮膚に存在する常在菌は以下の3つに分けることができます。

  • 善玉菌 

肌の潤いを保ったり肌を外部刺激から守る働きをする。いわゆる美肌菌と呼ばれるもの。

  • 日和見菌

菌自体に決まった働きはないが、他の常在菌の働きに左右される。

善玉菌が多いと肌を弱酸性に保つ働きをする。一方悪玉菌が増えるとニキビなどの原因になる。

  • 悪玉菌

肌に悪影響を及ぼす菌。増えることで肌の炎症やアトピー症状を引き起こす。

肌環境の変化や外部刺激によって、常在菌のバランスは変化します。

肌状態を健康に保つためには、善玉菌である美肌菌を増やすことが大切です

 

美肌フローラは皮膚常在菌のひとつ

美肌フローラとは、これらの皮膚常在菌が集まった状態のことです。

良好な美肌フローラを作るには、腸内環境を整える「腸内フローラ」と同じように善玉菌を優位に働かせる必要があります

しかし、不規則な生活習慣やストレス、肌への外部刺激や間違ったスキンケアなどの影響で、この美肌フローラのバランスを崩している人も多いです。

このような美肌フローラの崩れは、軽い肌トラブルだけでなく、アトピー性皮膚炎の原因にもなることが近年の研究でわかっています。

肌トラブルのない美肌を目指すなら、美肌フローラの菌バランスを整えることが大切です。

 

【必見】知っておきたい美肌フローラの効果

続いて、具体的な美肌フローラの効果についてご紹介します。

 

保湿をサポート

美肌フローラには肌の保湿力をサポートする効果があります。

善玉菌が優位になっている美肌フローラでは、肌への保湿作用をもつ「グリセリン」「脂肪酸」がつくられています。ちなみに「グリセリン」は、市販の化粧品にも使用されている保湿力の高い成分です。

これらの成分は肌表面だけでなく、肌内部まで潤わせることができるため、通常のスキンケアよりも高い保湿効果が期待できます

効率よく肌の保湿力を高め、乾燥肌を改善するためには、美肌フローラのバランスを整えることがもっとも効果的です。

 

外部刺激から肌を守る

水分量の低下した乾燥肌は、本来あるはずのバリア機能が低下しています。

そのため外部刺激に弱く、気温の変化や空気の乾燥などのちょっとした刺激で肌トラブルを起こしがちです。

美肌フローラを整えることができれば肌は乾燥から守られ、バリア機能も回復することができます。

また、美肌フローラの作り出す「脂肪酸」には肌を守る効果があるため、外部刺激に弱くなってしまった敏感肌や乾燥肌には特に有効です。

 

「黄色ブドウ球菌」の増殖を抑える

皮膚常在菌の一種である「黄色ブドウ球菌」は、増えすぎると肌トラブルやアトピーの原因となってしまう「悪玉菌」です。

悪玉菌が増殖すると肌フローラのバランスが崩れ、日和見菌である「アクネ菌」もニキビを作り出す元になります。こうした肌悩みを抑えるためには、善玉菌を増やしてあげることが大切です

バランスのとれた美肌フローラでは善玉菌が優位なため、悪玉菌である「黄色ブドウ球菌」は増殖しづらくなります。

また、日和見菌であるアクネ菌もそうした状況では悪させず、肌を保護してくれるようになります。

 

美肌フローラ(美肌菌)を育てるポイントは?

肌トラブルを改善し、美しい肌に導くにはバランスの取れた美肌フローラを育てる必要があります。

美肌菌を育てるポイントは以下のとおりです。

  • 運動して汗をかく
  • 熱いお風呂や長風呂を避ける
  • スキンケア方法を見直す
  • 美肌フローラを整える化粧水や乳液を使用する

それぞれ順に解説していきます。

 

運動して適度な汗をかく

美肌菌の棲みやすい環境のためには「質の良い汗」が不可欠です。

質の良い汗は表皮ブドウ球菌の栄養になるほか、病原菌を退治する抗菌ペプチドにより表皮ブドウ球菌の働きを助けてくれます。質の良い汗というのはほとんどが水分であり、ミネラルや尿素などの他の成分は僅かにしか含まれません。

一方、質の悪い汗はミネラルなどの割合が多く、ベタベタとしています。

普段から汗をかいていないと、この「質の悪い汗」が出てしまうため、肌がアルカリ性に傾きやすくなり、黄色ブドウ球菌などの悪玉菌が増えてしまうのです。

美肌フローラを育てるためには、良い汗をしっかりかくことが大切です運動習慣をつけ、普段から汗をかく機会を増やすことで、ベタベタ汗ではない良質の汗がかけるようになります。

 

熱いお湯や長風呂を避ける

美肌フローラを育てるためには、熱いお湯や長風呂はおすすめできません。

熱いお湯や長時間のお風呂は、必要な皮脂や常在菌を洗い流してしまうからです

そうして皮脂を失った肌は乾燥し、黄色ブドウ球菌などの悪玉菌が繁殖しやすい状態に。肌のバリア機能を守り善玉菌を増やしたいなら、お風呂の入り方にも注意しましょう。

 

スキンケア方法を見直す

普段の何気ないスキンケアが、美肌フローラの生育を妨げてしまうこともあります。

特に、洗いすぎや保湿不足はNGです洗いすぎることで、美肌菌にとって必要な皮脂が洗い流され、常在菌バランスが崩れてしまいます。肌の突っ張りを感じるようなメイク落としや洗顔料は避け、なるべくマイルドなものを使うようにしましょう。

さらには、細菌の付着しやすいパフやブラシにも注意が必要です。

肌に直接触れるものを清潔にすることで、肌トラブルの予防につながります。

 

美肌フローラを整える化粧水や乳液を使用する

肌の善玉菌を増やすには、美肌フローラを整える効果のある化粧水や乳液を使うのがおすすめです。

肌環境を整える効果のある化粧品を取り入れれば、毎日のスキンケアで美肌フローラの善玉菌を増やすことができます。

また、アルコールや防腐剤などの添加物は常在菌を殺してしまうため注意が必要です。美肌フローラのためには、なるべく無添加処方の化粧品を選ぶようにしましょう

 

【CMで話題】美肌フローラに着目したスキンケアアイテム

ブランド名 LEVIGA(レヴィーガ)
商品名 LEVIGA モイスチュアセラム
通常料金 通常価格:7,980円(税抜)

※送料650円

コース 定期コース:初回2,980円(税込)

※送料無料 

 

 

肌環境を整え善玉菌を増やすためには、スキンケアアイテムを見直すことも大切です。

レヴィ―ガより発売されている「レヴィ―ガモイスチュアセラム」は美肌菌に着目してつくられた美容液です。

レヴィ―ガモイスチュアセラムには、美肌フローラにとって重要な美肌菌が200億個も含まれており、肌本来の機能をサポートしながら潤ったもっちり肌に導いてくれます。

また、お米や乳酸菌などの自然由来の成分で構成されているため、優しくお肌をケアすることが可能です。

気になる防腐剤やエタノールなどの添加物は配合されていない無添加処方なので、敏感肌の方でも安心して使用することができます。

肌の潤い機能が低下してきた、と感じている30代以降の方には特におすすめです。

 

まとめ

肌の乾燥がなかなか改善しない…。と悩まれているなら、それは美肌フローラが乱れているせいかもしれません。

健康な肌には本来、潤いを保ち外部刺激から肌を守るバリア機能が備わっています。

しかし、肌が乾燥してしまうとそうした機能が上手く働かず、トラブルの起こりやすい肌になってしまうのです。

乾燥や肌トラブルを改善するためには、皮膚常在菌のバランスを整えることが大切です

そのためには、普段の生活やスキンケア方法を見直して、美肌フローラの育ちやすい肌環境を整えてあげましょう

今回ご紹介した方法やアイテムを参考に、肌トラブルのないツルスベ肌を目指してくださいね。

 

ページのトップへ
ページのトップへ