【医師監修】敏感肌におすすめ!敏感肌用美容液の選び方とケア方法ご紹介!

敏感肌だと、自分の肌に合う化粧品やケアの仕方がわからないと悩んでいる方も多いと思います。

しかし、人気ランキングや人気ブランドの名に惑わされ、適当に選んでしまうと肌トラブルの原因となることも。

敏感肌には敏感肌に合ったスキンケアがあるのです。特に、気になる肌悩みや年齢肌に必須の「美容液」は敏感肌目線できちんと選ぶ必要があります。

そこで今回の記事では、敏感肌の方におすすめの美容液の選び方と適切なケア方法についてご紹介します

 

敏感肌とは

敏感肌という言葉はさまざまな所で使われています。

しかし、「敏感肌」ってなに?と聞かれて答えられる人は少ないのではないでしょうか。

実は医学的には、敏感肌というものにはっきりとした定義は存在しません。そのため「敏感肌」という言葉の指す症状は非常に幅広いのです。

  • 洗顔後や化粧品をつけた後に肌に違和感がある
  • かゆみやヒリヒリ感が出やすい
  • 肌トラブルが起こりやすい
  • アトピー性皮膚炎やアレルギー症状が出やすい

 

一般的に、上記のような状態があれば敏感肌と定義されることが多いです。

目に見えるような症状があることもあれば、何となくかゆみやひりつきなどの不調を感じるという場合も敏感肌と呼びます。

いずれにせよ、敏感肌は健康な肌と比べ外部刺激に弱く、それゆえに肌トラブルなどの症状が出やすいと考えてよいでしょう。

 

敏感肌の原因

「昔から敏感肌だった」という方もいれば「以前はそんなことなかったのに、気がついたら敏感肌になっていた」という方もいるでしょう。

知らず識らずのうちに、何らかの原因で敏感肌を引き起こしてしまったのかもしれません。

敏感肌が引き起こる原因についてみていきましょう。

 

乾燥

敏感肌の主な原因のひとつが乾燥です。

敏感肌症状がある場合、肌が乾燥しているというケースは非常に多いのです。肌が乾燥すると肌のバリア機能が崩れ、外部刺激に敏感に反応するようになります

エアコンによる空気の乾燥、あるいはスキンケアの手抜きなど、普段の生活の中で気付かないうちに肌の乾燥は進行してしまいます。

 

体質

アレルギー体質やアトピー肌の方は、体質的に敏感肌であることが多いです。

もともと外部刺激に弱い肌質のため、ちょっとしたことで肌トラブルが起こりやすいのです。

 

加齢

加齢も敏感肌の原因となります。

年齢とともに肌のコラーゲンやメラニン色素は減少し真皮層が薄くなります

また、新陳代謝が乱れ角質肥厚となることで、表皮は厚さが増し肌のごわつきやくすみがおこりやすくなります。

年を取ってから肌が敏感になってしまったという方は、このようなことが要因かもしれません。

 

適切でないスキンケア

適切でないスキンケアや過剰なスキンケアが敏感肌を招くこともあります。

メイクをしっかり落とそうと力を入れてこする、パッティングしながら化粧水をつける、あるいは毎日シートマスクを利用するなど、よかれと思ってしているケアが肌への負担となっているかもしれません

肌を守るにはとにかく刺激を最小限にとどめることが大切です。特に敏感肌の場合は、優しく低刺激なスキンケアを心掛けることをおすすめします。

 

ホルモンバランスの乱れ

ストレスや不規則な生活、あるいは妊娠・出産などが原因で女性のホルモンバランスは崩れることが多いです。

こうしたホルモンバランスの乱れは肌の状態にも影響し、敏感肌を引き起こす原因にもなります。

日ごろから、しっかり睡眠をとる、なるべくストレスを溜めない、などホルモンバランスを整えるような生活を心掛けることが肌にとってもプラスになります。

 

敏感肌用美容液の選び方

「化粧水と乳液さえあれば美容液は必要ない」という方も多いですが、敏感肌に悩んでいるならぜひ美容液を取り入れることをおすすめします。

美容液とは、「美白成分」や「薬用成分」など肌悩みを改善するための有効成分が高濃度で配合されたものですお肌のためにも適切な美容液を使って、足りない成分を補ってあげましょう。

ここでは、敏感肌の方が美容液を選ぶ際のポイントについてご紹介します。

 

保湿成分が多く配合されているものを選ぶ

健康な肌は水分量が適切に保たれているため、肌を守るバリア機能がしっかりと働いています。

ところが、乾燥した肌は、そうしたバリア機能が低下しているため外部刺激に弱く、肌トラブルが起こりやすい状態となっています。これが敏感肌の一因です。

バリア機能が低下した肌では天然保湿因子であるNMFが不足しているため、角質細胞内の水分がうまく保持できません。また、乾燥によって角質層にすきまが出来ているため、水分が蒸発しやすく常にうるおいが足りていないという悪循環に陥りがちです。

そのため、敏感肌には保湿成分が多く入った美容液を使う必要があります特に、水分保持機能をもつ「セラミド」はおすすめの保湿成分です。

乾燥性敏感肌ならセラミドが肌内部の水分量を高めてくれるため、肌乾燥やそれに伴うバリア機能の低下を改善する効果が期待できます

また、ニキビや吹き出物が気になるタイプの敏感肌の場合も、セラミドの働きにより余計な皮脂分泌が抑えられることにより、肌トラブルを改善に導きます。

 

低刺激のものを選ぶ

敏感肌は外部からの刺激に非常に弱いです。そのため、化粧品や美容液は低刺激ブランドの製品を選びましょう。

香料・着色料・界面活性剤・アルコールなどの添加物は、敏感肌に負担を与える可能性があります。敏感肌に悩んでいるなら、よく吟味してなるべく添加物の少ない美容液を使うことをおすすめします。

敏感肌向けのブランドであれば、鉱物油フリーやアルコールフリーなどの低刺激処方のものが多いので、美容液や他の基礎化粧品を選ぶ際の目安にもなります。

同時に、ニキビ跡やシミが気になる場合は美白効果のある「ビタミンC誘導体」が入っているものがおすすめです。こうした美白ケア商品を選ぶ際にも、敏感肌向けの化粧品ブランドや医薬部外品の表記のあるものから選ぶと良いでしょう

 

美肌菌に着目した美容液を選ぶ

肌の常在菌の中には、肌環境を整え肌を健やかに保つ働きをもつ「美肌菌」というものが存在します。

この美肌菌は保湿効果の働きを持つ「グリセリン」や「脂肪酸」を作り出すことができます。そのため、乾燥によってバリア機能の低下した敏感肌にとっても非常に有効な菌と言えます。また、美肌菌を増やすことでニキビケアや肌のハリをアップさせるうれしい効果も期待できます。

敏感肌の方は、こうした美肌菌の働きをサポートしてくれる美容液を使うのもおすすめです。

美肌菌は加齢や肌環境の悪化などが原因でどうしても減少してしまいます。近年では、美肌菌に着目したバイオケア美容液が数多く発売されています。外から美肌菌を補うことで美肌菌を活性化させ敏感肌を改善に導くことが期待できるのです。

 

テスト済み表記

敏感肌の方が美容液を選ぶ際は「アレルギーテスト済み」「パッチテスト済み」などのテスト済み表記のある製品がおすすめです。

刺激に弱い敏感肌は、化粧品の刺激に対しても細心の注意を払う必要があります

かぶれや湿疹などの思わぬ症状を引き起こさないためにも、アレルギーや刺激の起こりにくい商品であることがわかるテスト済みのものを選べば安心です。

ただし、体調や体質によってはそうしたテスト済み商品であってもアレルギーが起こる場合があります。化粧品使用後に何らかの違和感があれば、速やかに医療機関を受診することをおすすめします。

 

おすすめは口コミでも人気の「レヴィーガ モイスチュアセラム」

商品詳細はこちら

価格

通常価格:7,980円(税抜)

キャンペーン特別価格:1,980円(税抜)

内容量

40ml

 

敏感肌の方におすすめの美容液であるレヴィ―ガモイスチュアセラムの商品情報をご紹介します。

レヴィ―ガモイスチュアセラムは、敏感肌の方に不足しがちな「NMF(天然保湿因子)」とヒト型・植物型の2種類のセラミドがたっぷり配合されています

これらの成分の働きによって、肌の乾燥やバリア機能低下の改善へと導いてくれます。

さらに美肌菌の働きを手助けする「α-グルカンオリゴサッカリド」や「エンテロコッカスフェカリス」も配合されているため、肌の保湿機能を高めることが期待できるでしょう

もちろん気になる添加物はフリー。界面活性剤やアルコールをはじめ、10種類もの添加物を使用せず作った低刺激処方の美容液です

刺激もなくサラリとした使いごこちなので、べたつきが気になる敏感肌の方でも安心して使用できます。

 

敏感肌の正しいスキンケア方法

敏感肌は刺激を与えず優しくケアすることが大切です。最後に敏感肌の正しいスキンケア方法についてご紹介します。

 

クレンジング

敏感肌のクレンジングは洗浄力の強すぎないものがおすすめです。

とくにおすすめなのは、肌への負担が少ないミルクタイプやクリームタイプのものです。

化粧を落とす時も、ゴシゴシとこすらず優しく洗うことが大切です。また、濃すぎる化粧は落ちにくさの原因となるので、落としやすいミネラルタイプの化粧品を上手く取り入れると良いでしょう。

 

洗顔

洗顔もメイク落とし同様、肌に負担をかけないように行います

たっぷりの泡で顔を包み込むように洗いましょう。すすぎはぬるま湯でしっかりおとすことが大切です。

 

化粧水

敏感肌には「セラミド」「ヒアルロン酸」などの保湿成分が含まれている化粧水がおすすめです。

洗顔後はすぐにたっぷりの化粧水でしっかり保湿してあげましょう。

また、敏感肌の方はアルコールの刺激に弱いのでアルコールフリーの商品を選ぶようにしましょう。

 

美容液

化粧水の後には美容液をプラスして、肌に不足している成分を補います

適量を手のひらに取り、気になる部分に優しくなじませましょう。最後に顔全体を覆って浸透させてあげるのがコツです。

 

乳液やクリーム

スキンケアの最後は必ず乳液かクリームを使うようにしましょう。

乳液・クリームを使うことで、化粧水や美容液の成分をとじこめ、水分を逃がさないようにすることができます

クリームの方が油分が多めなので保湿力が高いという特徴があります。どちらを使うかはご自身の肌状態に合わせて選ぶと良いでしょう。

 

まとめ

敏感肌ゆえに、自分には合う化粧品や美容液がないという悩みを持つ方は多いです。

しかし、敏感肌に合った適切なスキンケアや美容液をきちんと選べば、肌トラブルを改善することも可能です。

特に敏感肌の場合は、乾燥やそれに伴うバリア機能の低下が深刻です。そうした肌環境を改善するためにも、保湿に有効な成分である「セラミド」や「NMF(天然保湿因子)」が配合された美容液を選ぶことをおすすめします。

また、弱った肌を刺激しないためにも、肌に刺激を与えない優しいスキンケアを心掛けるようにしましょう。

 

 

ページのトップへ
ページのトップへ